オルニチンの摂取量の目安は?

非必須アミノ酸の一つ「オルニチン」は血液の中で必要な場所で働く遊離アミノ酸でもあります。

 

健康面では疲れた体やお酒好きな方の栄養補給などにも役立つアミノ酸です。

 

健康的な体作りにも欠かせないオルニチンを生活の中で補いたい場合、食事やドリンク、サプリなどで摂ることができますが、一日にどれくらい摂ることが望ましいのか知っている方は少ないですよね。

 

こちらではそんなオルニチンの1日の摂取量の目安やオルニチンを多く含む食品をご紹介したいと思います。

 

オルニチンの1日の摂取量目安は400〜1000mgが基本

オルニチンを摂って、健康的な体作りを目指したい方の摂取量の目安は400〜1000mgと言われています。
また、目的によって、オルニチンを摂る量を増やして飲むケースもあります。

 

オルニチンが摂れる食品例

オルニチンは私達の身近な食品、食材にも含まれています。

 

食品

オルニチン量/100gあたり/mg

しじみ 10.7〜15.3
本しめじ 160
ブナしめじ 140
エリンギ 30
エノキタケ 14
マイタケ 10
ヒラメ 0.6〜4.2
キハダマグロ 1.9〜7.2
チーズ 0.8〜8.5

 

おすすめ!しじみ100gあたり10.7〜15.3mg

まずはオルニチンと言えば、しじみですね。
しじみは他の食品と比べて、オルニチンの含有量が多く、オルニチンが摂れる健康食品の原料としても多く使用されています。
ただ、しじみはサイズが小さいため、100gあたりの含有量は豊富ながら、数を多く食べる必要があります。

 

食べ方としては味噌汁やしじみのすまし汁といった汁もので摂ることで、味噌に含まれる栄養なども一緒に摂れるのでおすすめです。

 

おすすめ!本しめじ100gあたり約140mg

しじみのイメージが強いオルニチンですが、100gあたりの含有量ならしめじの方が豊富なオルニチンを含んでいます。
さらにしめじにはカリウムや鉄分、ビタミン類、葉酸、食物繊維まで含んでいるので、ご家族で食べることで、男性だけでなく、女性の健康にも嬉しい食材です。

 

しめじも汁もの、干しシメジや炒めものなどで食べるのがおすすめです。

 

 

しめじだけでなく、キノコ類はオルニチンが多い種類が多いので、食事の中にキノコを取り入れることで、オルニチンだけでなく、他の栄養バランスを補うことができます。

 

バランスの良い食事を摂ることでオルニチンだけでなく、他のアミノ酸やビタミン、ミネラルといったオルニチンの働きを高めてくれたり、相乗効果が得られる食品もありますので、まずは食事からオルニチンを摂る、そして不足した分をサプリなどの健康食品で補うのが基本です。

 

サプリメントなら、1粒で多くのオルニチンを補えるので、1日の摂取量も手軽に補えますので、食生活が偏りがちな方は利用してみるのもおすすめです。


 

しじみとにんにくのパワー!しじみにんにく極

 

しじみサプリ

しじみサプリ特集メニュー

しじみサプリ しじみサプリ しじみサプリ

関連ページ

オルニチンの有用性
しじみエキスに含まれる成分オルニチンの特徴についての解説と合わせて、お酒好きな方の健康をサポートする働きなど、話題の健康成分オルニチンを配合したしじみサプリメントをご紹介します。
健康維持に役立つ有用性
しじみエキスお酒好きな方、忙しい毎日を元気に過ごしたい方におすすめおすすめされる理由について解説します。
お酒好きにおすすめ
しじみエキスは古くから二日酔い対策におすすめされている食材ですが、その理由について調べてみました。お酒好きな方が次の日に後悔しないための栄養補給に役立つしじみサプリが人気の理由についてご紹介します。